就活戦略

英語ができない就活生はどうする?TOEICの点数が低いときの就活戦略

英語ができない就活生は致命的です。

TOEICなんて学生なら勉強して当たり前ですし、コロナ不況に晒された皆さんは、英語くらい勉強していないとマズイです。

就活において「英語ができない」とは何を意味するのか、そしてTOEICの点数を持たない人が就活で無双するために何をするべきなのかを解説します。

この記事を読んでいる人がまだ時間に余裕がある人なら、大人しく英語の勉強をしましょう。

でももし、就活が間近に迫っているor就活中であるのなら、英語は潔く諦めてやるべきことをやりましょう。

英語ができない就活生が失うもの

英語ができない就活生は苦労します。

私も、できればTOEICのハイスコアを持っておきたかった。(結果的にはTOEICがなくても内定は大量に貰いましたが。)

では、具体的に何を失うのでしょうか。

書類選考の突破率

SPI

企業によりますが、SPIでは英語の問題も出ます。

SPIの英語は別に対して難しくはないのですが、大学受験でセンター英語9割超えていても、大学時代にまともに英語の勉強をしていなければ意外と解けません。

また、SPI以外でも企業独自の筆記試験を用意している企業もあり、それらの中にも英語の問題があったりします。

 

ガクチカ、自己PRのクオリティ

見逃せないのが、書類選考の突破率です。

英語がないと、やはり書類時点で見劣りします。

実際には英語ができないだけで落とされるということはないのですが、やはり書類選考を突破するには何か強みがほしいところです。

英語ができないならば、ガクチカや自己PRを戦略的に作らないと面接すらたどり着けない、という事態になりかねません。

そうなれば内定ゼロもありえます。

結果的に、英語がないとガクチカや自己PRにそれなりのクオリティが求められるようになります。

また、英語の勉強をするのは大学生にとって

基礎評価

 

海外営業という選択肢

多くのメーカーでは、国内営業と海外営業の2種類の営業を募集しています。

国内を代表する大企業だけでなく、地方の中小企業でもそのような募集要項になっています。

当然海外営業として採用するのは、TOEICのハイスコア持ちや留学経験者、それか帰国子女です。

もちろん、英語の勉強をしていなくても、熱意を見せれば海外営業として内定を貰うことは不可能ではありません。

実際たいていの企業では「現在英語ができない学生の応募も可」とか「将来的に英語を勉強する意欲がある学生は現状のTOEICの点数が低くても構いません」的なことが書いてあります。

しかし、ライバルに英語が得意な学生がいれば、流石にそっちを採用するのがまともな企業です。

海外営業に興味があるなら、ちゃんと英語の勉強はしましょう。

ちなみに、英語のできない就活生が海外営業に就職できるとっておきの秘策を考えたので、一応共有していきます。

※リンク

ただし当然苦し紛れの策なので、絶対の内定を保証するわけではありません。

それでも海外営業に興味のある学生にとっては救いになるはずです。

社会人になってからの時間

学生の今、仮にTOEICの点数を持っていなくても、割と高い確率で将来英語の勉強をする必要が出てくるでしょう。

つまり、今英語ができなくても、いずれTOEICとは向き合うことになります。

ならば、学生のうちに勉強しておくほうが就活でも使えてお得です。

英語ができない就活生がやるべきこと

英語ができない以上、それ以外のレベルを上げないと内定を取ることはできません。

大きく分けて

  • 書類選考
  • 面接

この2段階のクオリティをしっかりと確保することが鍵になります。

これらの方法や具体的な戦略はこのサイトに大量の記事を入れているので、必要に応じて読んでください。

それぞれ改めて記事をまとめておきます。

書類選考

※リンク

面接

※リンク

まとめ

英語ができない就活生には試練が待っています。

面接まで漕ぎ着くことが難しく、職種によっては最初から敗北が決まっています。

でも、できることをやるしかないでしょう。

特に書類選考を通過する策を戦略的に考えることは必須になります。

では、皆さんの就活が一秒でも早く終わることを願っております。

 

特別記事のご案内

このサイトの情報は全て無料でご提供しています。

これらの記事だけでも就活では内定に困らないかとは思いますが、それでも不安な就活生のために、より深く分析を加えた記事を別のページで配信しております。

就活中の皆さんにとって役立つ記事であり、就活を最速で終わらせるのには欠かせない情報となっています。

具体的なノウハウや他では入手できない情報を掲載しているため、できるだけ早く入手して就活を終わらせ、ストレスのない大学生活を手に入れてもらえればと思います。

  • 就活が面倒な人
  • 絶対に失敗したくない人
  • 周りとの差をつけておきたい人

はこちらのボタンからチェックしてみて下さい。

記事はこちらから