面接

1次面接のコツ

就活の面接で最も多くの回数をこなし、そして最も簡単な面接と言えるのがこの一次面接です。
皆さんはこの一次面接には時間をかけずさっさとコツを習得してどんどん突破して行ってもらいたいと思います。

一次面接は印象が9割

一次面接はやる気のない人間やコミュニケーション能力のない人間を切り捨てるための試験です。
書類選考や SPI では分からなかったよくわからない人材を早い段階で切り捨てるために設けられた足切り試験です。
優秀な人材かどうかを確かめるための面接ではありません。
それは SPI と2次以降の面接の役目です。
したがって面接対策をしっかり行いアナウンサーのようなハキハキとしかし自然な対応していれば基本は受かると思います。
ほぼ印象で決まると思っていいでしょう。

一次面接対策でやるべきこと

一次面接対策でやるべきことはほぼありません。大事になるのはコミュニケーション能力と清潔感ですがこれはとにかく大量の面接を受けて慣れることが最も大切なことです。
ですからやるべきことはないのです。とにかく大量に1次面接を受けて自己紹介だ志望動機と言った定番の質問をそこそこスラスラと言えるようになれば全く問題ありません。

逆に一次面接の段階から個性を出しすぎると変な人間と思われて落とされる可能性の方が高くなってしまいます。ですのでとにかく無難に自然にこなすという感覚が大切になります。

結局は確率である


ここまでを聞いて納得いただけたでしょうか。納得していただけないと困るのですが皆さんの頭の中にあるのは
「一次面接に落ちた場合は逆にコミュニケーション能力がないということなのか」「ただの足切りでしかない一次で落ちるということは自分は能力のない人間なのだろうか」
という疑問・不安かもしれません。しかし面接である以上結局は確率です。
ちゃんとしていたから受かるとかコミュ障だったから落ちるとか、それは傾向として言えることであって確率である以上絶対はありません。
元々採用枠を減らしている可能性だってありますし学生には分からない内部事情が企業にはあるものです。
ですから受かった落ちたに一喜一憂せず粛々と突破率をあげていくことに腐心するべきです。
落ちたっていいのです。企業リストが尽きなければ何の問題もありません。

時間をかけずに突破する

これまでも時間をかけて説明してきたように、一次面接は足切り試験です。
変なやつや仕事ができなさそうなやつを落とすための試験なので自分の話し方や口癖を改善すれば次第に受かるようになります。
しかしそのためには多くの面接を受けられるしかなく事前に準備できることなどありません。
やるべきことがない分一次面接は時間をかけずに突破するべきポイントです。

まとめ

何度も同じ内容を繰り返して恐縮ですが、1次面接の目的は多くの場合足切りです。大量に受けてその都度内容を更新していけば自ずと受かるようになるでしょう。

大学のキャリアセンターや先輩の指導などはあまり役にたたないので、さっさと実践の緊張感の中で練習を重ねることが大事です。

もし就活の中で不安なこと、分からないことがあったらコメント欄やSNSに質問してください。

特別記事のご案内

このサイトの情報は全て無料でご提供しています。

これらの記事だけでも就活では内定に困らないかとは思いますが、それでも不安な就活生のために、より深く分析を加えた記事を別のページで配信しております。

就活中の皆さんにとって役立つ記事であり、就活を最速で終わらせるのには欠かせない情報となっています。

具体的なノウハウや他では入手できない情報を掲載しているため、できるだけ早く入手して就活を終わらせ、ストレスのない大学生活を手に入れてもらえればと思います。

  • 就活が面倒な人
  • 絶対に失敗したくない人
  • 周りとの差をつけておきたい人

はこちらのボタンからチェックしてみて下さい。

記事はこちらから